「ビッグフライ、オオタニサン!」名物実況アナが驚きの転身

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロサンゼルス=佐野司】米大リーグ、エンゼルスのテレビ中継で実況を務めていたビクター・ロハスさん(52)がアナウンサーを引退し、マイナーリーグの球団社長兼ゼネラルマネジャー(GM)に転身する。大谷翔平選手が本塁打を打つたびに飛び出す「ビッグフライ、オオタニサン!」のせりふで日本のファンにもおなじみだった。

 ロハスさんは元マイナーリーグの投手で、2010年から11季にわたってエンゼルス戦の実況を務めた。昨秋には成績不振で解任されたエプラーGMの後任に立候補し、話題を呼んでいた。

 転身先は、レンジャーズ傘下フリスコ・ラフライダーズ。球団公式サイトは11日、ロハスさんとチームが複数年契約に合意したと報じている。採用の理由について、「多様なバックグラウンドや知識、卓越したコミュニケーション能力など、優れたリーダーとなる特別な才を備えている」としている。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
1763520 0 大リーグ 2021/01/12 10:55:00 2021/01/12 11:24:48 2021/01/12 11:24:48

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)