読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米大リーグ歴代2位の755本塁打、ハンク・アーロンさん死去…86歳

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ハンク・アーロンさん
ハンク・アーロンさん

 【ロサンゼルス=佐野司】米大リーグ歴代2位の755本塁打を放ったハンク・アーロンさんが22日、死去した。複数の米メディアが伝えた。86歳だった。

 米アラバマ州出身のアーロンさんはアフリカ系米国人のリーグを経て1954年からミルウォーキー(現アトランタ)・ブレーブスなどでプレー。俊足強打の外野手として活躍した。

 74年にはベーブ・ルースの714本塁打の大リーグ記録を更新。自身の本塁打記録は、77年に日本で王貞治さん(巨人=現ソフトバンク球団会長)に破られたが、大リーグでは2007年にバリー・ボンズ(ジャイアンツ)に更新されるまで30年以上、歴代1位だった。

 1982年に米野球殿堂入り。王さんとは、世界少年野球推進財団を共同で主宰するなど、親交が深いことでも知られていた。

無断転載・複製を禁じます
1790433 0 大リーグ 2021/01/23 01:39:00 2021/01/23 12:34:26 2021/01/23 12:34:26 叙勲伝達式でスピーチする元大リーガーのハンク・アーロンさん。アーロンさんは2015年秋の外国人叙勲で旭日小綬章を受章した。在アトランタ日本総領事公邸で。2016年1月14日撮影。同月16日朝刊[こだま]掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210123-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)