読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

登板回避の大谷、六回に9号2ラン…2番・DHで出場

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【アナハイム(米カリフォルニア州)=佐野司】米大リーグは3日、各地で行われ、エンゼルスの大谷は、前日に右肘付近に死球を受けた影響でレイズ戦の先発登板を回避し、2番・指名打者で出場した。一回に二塁打、六回には3戦ぶりの本塁打となる中越え9号2ランを放った。

六回に2点本塁打を放ったエンゼルス・大谷(AP)
六回に2点本塁打を放ったエンゼルス・大谷(AP)

 大谷は、指名打者で出場した2日のマリナーズ戦の第1打席、150キロの速球が右肘付近を直撃。膝をついてうずくまり、しばらく苦悶(くもん)の表情を浮かべたが、そのままプレーを続行。二盗、三盗を立て続けに成功させ、以降も打席の合間にアイシングをしながらフル出場した。マドン監督は3日に予定していた今季4度目の先発登板について、当日朝の状態を見て判断するとしていた。

無断転載・複製を禁じます
2029086 0 大リーグ 2021/05/04 07:39:00 2021/05/04 18:04:01 2021/05/04 18:04:01 Los Angeles Angels' Shohei Ohtani drops his bat as he hits a two-run home run during the sixth inning of a baseball game against the Tampa Bay Rays Monday, May 3, 2021, in Anaheim, Calif. (AP Photo/Marcio Jose Sanchez) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210504-OYT1I50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)