読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

大谷、先発登板の翌日に1番打者…105年ぶり

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米大リーグは12日、各地で行われ、アストロズ戦に1番・指名打者で先発したエンゼルスの大谷は4打数無安打、2三振だった。球団によると、先発登板の翌日に1番を打つのは1916年のレイ・コールドウェル(ヤンキース)以来105年ぶり。試合は1―9で敗れた。ロッキーズとの七回制ダブルヘッダー第1試合に先発したパドレスのダルビッシュは、4回1失点(自責0)で勝敗は付かず。チームは5―3で勝った。パイレーツ戦に代打で出たレッズの秋山は2打数無安打。試合は延長十回、5―1で勝った。

無断転載・複製を禁じます
2049565 0 大リーグ 2021/05/13 18:30:00 2021/05/13 21:43:39 2021/05/13 21:43:39

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)