読売新聞オンライン

メニュー

大谷が月間MVP、メジャー4年目で初受賞…本塁打連発で両リーグ一番乗り30号

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

両リーグ最速で今季30号本塁打を放った大谷選手=USAトゥデー
両リーグ最速で今季30号本塁打を放った大谷選手=USAトゥデー

 【ニューヨーク=佐野司】米大リーグ機構は2日、6月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、ア・リーグ野手部門でエンゼルスの大谷翔平選手(26)がメジャー4年目で初受賞した。日本人野手の受賞は2004年8月のイチロー選手(マリナーズ)、07年7月の松井秀喜選手(ヤンキース)に続いて3人目。大谷選手はこの日のオリオールズ戦で第2、第3打席に本塁打を連発し、両リーグ一番乗りで30号に到達した。

オンライン会見で取材に応じる大谷
オンライン会見で取材に応じる大谷

 大谷選手は6月に25試合でリーグ最多の13本塁打を放ち、打率3割9厘、23打点、4盗塁。投手としても5試合で23回2/3を投げて33三振を奪い、2勝0敗、防御率4・94だった。2日の試合前に行ったオンライン記者会見で、「上旬はいい状態ではない感じだったけれど、後半に徐々に上がっていった」と振り返った。

 13日にコロラド州デンバーで行われるオールスター戦出場も決まっており、「ゲームの中でトップ選手たちのプレーを見る機会もたくさんあると思うので、必ずプラスになるかなと思っている」と喜びを語った。

無断転載・複製を禁じます
2175854 0 大リーグ 2021/07/03 07:21:00 2021/07/03 14:25:34 2021/07/03 14:25:34 Jul 2, 2021; Anaheim, California, USA; Los Angeles Angels designated hitter Shohei Ohtani (17)m pumps his fist and lets out a yell after hitting a two-run home run in the fourth inning against the Baltimore Orioles at Angel Stadium. Mandatory Credit: Robert Hanashiro-USA TODAY Sports https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210703-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)