読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「お化けのように消える」魔球、ボール球も本塁打に…データで見る大谷のすごさ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 惜しくもべーブ・ルース以来の「シーズン2桁勝利・2桁本塁打」達成はならなかったアメリカ大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手。103年ぶりの偉業には届かなかったとはいえ、大リーグ4年目の今シーズンは二刀流の活躍を世界に十分に見せつけた。そのことはデータからも明らかだ。大リーグのプレー解析システム「スタットキャスト」が公開しているデータで大谷選手を分析してみよう。

ホームランは日本人最多、投手では9勝

 大谷選手の今シーズンは、投打にわたり快挙が相次いだ。本塁打数は、これまでの日本人のシーズン最多記録だった松井秀喜さんの31本を大きく上回り、9月までに45本、10月3日に1本を加え、最終的には46本に達した。7月に行われたオールスターゲームでは、ホームラン競争に日本人として初出場。6、7月には連続で月間最優秀選手(MVP)に選出された。

 投手としてもエンゼルスでエース級の働きを見せ、23登板して9勝2敗、防御率3・18。決め球のスプリットも「魔球」と呼ばれた。

得意にしているコースは?

 9月30日までに放った45本塁打をコース別に分けて分析すると、最も集中しているのはベルト線だ。その中でもいわゆる「ど真ん中」は15本に上り、甘く入ってきた球を逃さず打っていることが分かる。球種別で見ると、スライダーとフォーシームがそれぞれ12本で最も多い。ストライクゾーンを外れても3本放っており、漫画のような悪球打ちも披露した。

 左打ちの大谷選手が打ち返した方向は、主に右翼席からセンターにかけてだが、左翼、左中間方向にも放っている。メジャー30球場全てで本塁打となる「No Doubters(疑いなし)」に分類されたのは24本。その割合は全本塁打の53・3%に上る。45本のうち、最も速かった打球は約188・6キロの26号、最も飛距離があったのは約143メートルの17号で、メジャーで8位タイだった。

 本塁打以外でも注目のデータがある。

 打席ごとの「バレル率」はメジャートップだ。バレル率とは安打になる確率が高いとされる初速98マイル(約157・7キロ)以上、打ち出し角度26~30度で放たれた打球などの割合を示す値だ。

 大谷は22・0%で、堂々のメジャー1位に輝く。打球の5分の1超が安打確率の高いものになっている。ちなみにホームラン王を争ったペレスは16・5%、ゲレロは15・1%にとどまっている。

スプリットの空振り率は48・5%

 投手としての大谷は、開幕当初から指摘されていた制球難が徐々に改善し、スプリットはメジャーでも最も打ちにくい球の一つとされるようになった。シーズンを通じて投球内容はどのように変化したのだろうか。

 月別の全投球の球種を見ると、4~6月はフォーシーム(ストレート)が半分以上を占めた。しかし徐々に変化球の割合が増え始め、特にスライダーは7月に19%、8月には31・2%にまで増加。9月にはスプリットも26・1%へと増加し、変化球の割合が6割を超えた。制球できる球種が増え、打者の狙いが絞りにくくなった。

 その結果、与四球は4月に13だったが、7月は1、8月は3と改善していった。1イニング当たりに出した走者数を示す指標「WHIP」も、4月の1・39から、7月は0・70、8月も0・84を記録した。

 特に決め球のスプリットはさえわたり、空振り率は48・5%にもなる。スイング2回のうち1回程度、打者のバットが空を切っている計算だ。アメリカの投球分析家でピッチングニンジャの愛称で知られるロブ・フリードマン氏は大谷選手のスプリットを「お化けのように消える」とほめたたえている。フリードマン氏は「ストレートと軌道が途中まで似ていることから見分けにくい」などと分析している。

勝負してもらえない

 ホームラン王争いが佳境になったシーズン終盤では、大谷は勝負を避けられ、4試合で13四球と、ベーブ・ルースらの大リーグ記録に並んだこともあった。

 大谷の四球数は、4月にはわずか3だったが、本塁打を量産するようになってからは当然警戒され、7月には16となり、8月は21、9月は22にまで増えた。計91の四球は、エンゼルスでは群を抜いて多く、球団2位の倍に近い。主力のトラウトらがケガで離脱し、マークが大谷に集中したことも一因だ。

 本塁打王を争ったペレス、ゲレーロと比べても大谷の四球数は多い。ペレスは3分の1以下の27個、打席数が大谷より58多いゲレーロでも大谷より少ない85だった。申告敬遠17でも、メジャーで2位につける。ペレスは4個、ゲレーロは7個と、他の強打者に比べても大谷が勝負を避けられる傾向が際立った。(読売新聞オンライン・丸山公太)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2416036 0 大リーグ 2021/10/04 10:11:00 2021/10/04 15:30:33 2021/10/04 15:30:33 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210930-OYT1I50184-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)