1番DH・大谷翔平、5試合ぶりマルチヒット…日米通算「150号」またもお預け

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

3試合ぶりに安打を放った大谷=AP
3試合ぶりに安打を放った大谷=AP

 米大リーグは21日(日本時間22日)、各地で行われ、エンゼルスは本拠地・カリフォルニア州アナハイムでアスレチックスに5-3で勝利し、連敗を4で止めた。前日の守備でフェンスに衝突し途中交代したワードが先発から外れ、指名打者(DH)の大谷翔平は先月24日以来の1番で出場、4打数2安打で5試合ぶりの複数安打を記録した。あと1本に迫っている日米通算150本塁打はお預けとなった。(デジタル編集部)

大谷翔平きょう28歳、これまでの誕生日には…初の1試合2発・剛腕から大アーチ

アスレチックス000 000 030=3

エンゼルス  000 012 20×=5

 【第1打席】アスレチックスの先発は29歳の右腕モンタス。エンゼルスはチームトップの4勝(2敗)を挙げている右腕のロレンゼン。

 1番打者に定着し、リーグトップの打率を誇っていたワードが先発から外れ、大谷の打撃に期待がかかる。一回裏、先頭で打席に立つと、カウント2―2からの6球目をたたいた。内角球につまりながら三塁方向へ運び内野安打。3試合ぶりの安打となった。後続が倒れ、エンゼルスはこの回、無得点。

 【第2打席】二回裏、一死からエンゼルスの6番レンヒフォの投手ライナーをモンタスがはじいた末にアウトにしたが、グラブとともに差し出した右手の指に当たってしまった模様。そのまま降板となり、アスレチックスは右腕のアセベドが緊急登板した。

 エンゼルスのロレンゼンは三回表、二死から四球と安打で一、三塁のピンチを招いたが、3番ラウリーを三振に仕留めた。

 その裏、二死走者なしで打席に立った大谷はアセベドと対戦。カウント3―1からチェンジアップを引っかけ、一ゴロに倒れた。

 【第3打席】四回表、アスレチックスは詰まった打球がいずれもヒットになり一死一、二塁の好機。ロレンゼンは7番バレラにファウルで粘られた末に10球目で空振り三振に仕留め、続くパチェからも空振り三振を奪った。

 エンゼルスは五回裏、6番レンヒフォがアスレチックス3番手の左腕コラレクから左翼へ今季1号ソロを運び、先制した。

 六回裏、先頭で打席に立った大谷はコラレクと対戦。1ボールからの2球目、シンカーを左翼へ流し打ち、この日2安打目。複数安打は15日のアスレチックス戦以来、5試合ぶり。ここでアスレチックスは4番手として右腕トリビノが登板。2番トラウトの四球、3番レンドンの詰まった左前安打で無死満塁とし、一死後に5番マーシュが押し出し四球を選び、大谷が生還。6番レンヒフォの投ゴロが内野安打となり、もう1点追加した。

 【第4打席】エンゼルスはロレンゼンが6回3安打無失点の好投。七回表から継投に入った。

 エンゼルスはその裏、無死一塁から9番ベラスケスが左翼へ2ランを放った。続く大谷は初球をたたいたが、遊ゴロに倒れた。

 エンゼルスは八回表に登板した3番手の左腕ループが乱調。一死からの3連打で2点を返された。さらに4番手の右腕オルテガも安打で走者を出し暴投から1失点。

 2点リードで迎えた九回表、エンゼルスは抑えのイグレシアスを投入し逃げ切った。ロレンゼンが5勝目。

大谷翔平の最新ニュース・記録
スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
3020347 0 大リーグ 2022/05/22 10:33:00 2022/05/22 21:10:12 2022/05/22 21:10:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220522-OYT1I50054-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)