「大谷シフト」あっさり破ってライト前ヒット、痛烈な打球で連続試合安打「4」に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 エンゼルスの大谷翔平が24日(日本時間25日)のマリナーズ戦に3番指名打者(DH)でフル出場し、連続試合安打を「4」に伸ばした。

大谷翔平の粘投が台無し…同点の9回、ファンも頭を抱えたエンゼルス拙守3連発
四回、4試合連続となる安打を放ち、笑顔を見せるエンゼルスの大谷翔平(24日)=AP
四回、4試合連続となる安打を放ち、笑顔を見せるエンゼルスの大谷翔平(24日)=AP

 四回の第2打席、真ん中付近の直球を振り抜いた打球はゴロながら、あっという前に右翼に達した。打球速度は111マイル(約179キロ)。反応した内野手がグラブを伸ばしたものの、痛烈な打球に触れることはできず、一、二塁間に野手3人を配置した「大谷シフト」をあっさり破った。

 一回の第1打席はストレートの四球。四回も、ライト前ヒットを放つまでは3球連続でボールだった。21日のロイヤルズ戦では2本塁打を放ち、日本人大リーガーとしては1試合最多となる8打点をマークしたばかり。相手バッテリーも警戒を強める中、この日初めてストライクゾーンに来たボールを一振りで仕留めた。

大谷翔平の最新ニュース・記録
スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
3113583 0 大リーグ 2022/06/25 15:24:00 2022/06/25 15:24:00 2022/06/25 15:24:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220625-OYT1I50098-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)