大谷翔平「あっ」と声を出し、腰たたいて顔ゆがめる…「大丈夫です」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 29日(日本時間30日)に米カリフォルニア州アナハイムで行われた大リーグ、エンゼルス―ホワイトソックス戦で、エンゼルスの大谷翔平が六回途中11奪三振、無失点で7勝目を挙げた。21回3分の2連続無失点という快投だったが、心配なことも。降板後の打席で腰をたたき、痛そうに顔をゆがめるシーンがあった。(デジタル編集部)

高校球児だった岸田首相、大谷翔平選手にツイッターで祝意「大変誇らしく思う」
ホワイトソックス戦の8回、打席で顔をゆがめる大谷(USAトゥデー)
ホワイトソックス戦の8回、打席で顔をゆがめる大谷(USAトゥデー)
ホワイトソックス戦の6回、右手で腰をたたく大谷(USAトゥデー)
ホワイトソックス戦の6回、右手で腰をたたく大谷(USAトゥデー)

 108球を投げ、降板した直後の六回だった。先頭で打席に入り、4球目のスライダーをファウルした際、「あっ」と声を出し、右手で腰の辺りを何度もたたき、顔をゆがめた。6球目の直球を空振りし、三振に倒れた後は左手でたたいた。さらに八回の打席でも、4球目のチェンジアップを空振りした際に右手で、次のボールをファウルとした際には左手で腰をたたいた。その後も、違和感を拭うかのように腰をひねる動作もあった。

 NHKやインターネットテレビ局「AbemaTV」での中継でも、心配する声が聞かれた。

 本人は試合後、報道陣の質問に対し、「大丈夫です」「特には何もないです」と多くを語らなかった。

大谷翔平の最新ニュース・記録
スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
3127456 0 大リーグ 2022/06/30 16:13:00 2022/06/30 16:36:14 2022/06/30 16:36:14 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220630-OYT1I50130-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)