大谷翔平が孤軍奮闘…チームが投打に精彩欠く中、きらり特大アーチ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

1回に18号ソロを放ち、三塁コーチとタッチする大谷翔平=AP
1回に18号ソロを放ち、三塁コーチとタッチする大谷翔平=AP

 米大リーグ・エンゼルスは1日(日本時間2日)に敵地で行われたアストロズ戦に1-8で大敗した。投打に精彩を欠く中、唯一、光ったのが大谷翔平の活躍だった。(デジタル編集部)

「自己最高」連日大当たりの大谷翔平、4安打全てハードヒット…三塁打5本はリーグ2位タイ
1回に18号ソロを放った大谷翔平=USAトゥデー
1回に18号ソロを放った大谷翔平=USAトゥデー

 アストロズの先発右腕、ハビエルは立ち上がりから絶好調だった。一回は先頭打者のワード、2番トラウトを連続三振。続く3番指名打者(DH)の大谷に先制ソロを浴びたものの、4番ウォルシュは難なくピッチャーフライに仕留めた。早々に逆転を許したエンゼルスの先発ロレンゼンとは対照的に、ハビエルは二回以降も快投を続け、7回1失点で自己最多の計14奪三振。エンゼルス打者陣のバットが次々と空を切る中、ハビエルに対して先発野手の中でただ一人、三振を免れたのが大谷だった。

 昨季もアーチをかけた相手から大谷が2年連続で放った一発は、右翼席上段に達する特大アーチだった。テレビ中継のアナウンサーは「ボールはどこに着弾したのでしょうか」と実況し、解説者も「狙っていたようにも見えたが、私にはそうは思えない。でもタイミングは完璧だった」と驚きの声を上げた。ア・リーグ西地区の首位チームに投打で力の差を見せつけられただけに、孤軍奮闘した大谷の存在感が際立った。

大谷翔平の最新ニュース・記録
スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
3133739 0 大リーグ 2022/07/02 14:29:00 2022/07/02 14:29:00 2022/07/02 14:29:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220702-OYT1I50098-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)