文字サイズ

    原辰徳氏、巨人監督就任要請の受諾に前向き

    • 次期巨人監督の就任要請を受けた原辰徳氏(10日午後、東京都千代田区で)=杉本昌大撮影
      次期巨人監督の就任要請を受けた原辰徳氏(10日午後、東京都千代田区で)=杉本昌大撮影

     読売巨人軍の山口寿一オーナーは10日、今季限りで辞任する高橋由伸監督(43)の後任として、前監督の原辰徳氏(60)に就任を要請したと明らかにした。この日、東京・大手町の読売新聞東京本社で会談し、原氏は受諾に前向きな意向を示したという。就任が決まれば、来季から2015年以来、4年ぶり3度目の監督を務める。

     巨人は14年を最後に4年連続でセ・リーグ優勝を逃しており、昨季は4位、今季はクライマックスシリーズ(CS)進出を決めたものの、勝率5割を切った。山口オーナーは報道陣に対し、「ジャイアンツが難しい状況にあるので、実績、経験豊富な原さんに託した」と説明。要請を受けた原氏も取材に対し、「前向きに考えますと申し上げた」と話した。

    (ここまで315文字 / 残り97文字)
    2018年10月10日 19時11分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    アーカイブ