DeNAラミレス監督が帰化、代表監督にも意欲

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 DeNAのアレックス・ラミレス監督(44)は24日、日本国籍を取得したことを発表した。横浜市内で取材に応じ、「何年か前から帰化したいと思ってきたが、やっと夢がかなった。来日してから、日本のファンは大きな愛を注いでくれた。愛と信頼という私の気持ちが受け入れられたと思う」と語った。

 日本人の妻や子供の存在が帰化を決断した主な理由という。国籍が認められたとの連絡は23日にあった。「昨日から日本人です。私の日本語はまだまだですが、これから勉強します」と日本語で決意を述べ、将来的には日本代表監督の就任にも意欲を見せた。

 ラミレス監督はベネズエラ出身。2001年から13年までヤクルト、巨人、DeNAでプレー。外国出身選手で初の2000安打を達成するなど、通算で打率3割1厘、2017安打、380本塁打の成績を残した。16年からDeNAを率いている。

300870 0 プロ野球 2019/01/24 21:44:00 2019/01/25 10:45:36

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ