いきなり安打の中日・根尾に歓声…西武に0―3

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 西武3―0中日(オープン戦=14日)--前日オープン戦初出場を果たした中日のドラフト1位、根尾昂(大阪・大阪桐蔭高)が「2番・遊撃」で先発し、一回の第1打席でいきなり初安打を放った。前日のオープン戦初打席は速球を見逃し、2球で追い込まれ、三振。「しっかり(初球から)振っていく準備をしないといけなかった」と反省した18歳が、1ボールからの2球目、150キロの速球を逆らわずにはじき返すと、打球は三遊間を抜けた。巧みなバットコントロールを見せ、本拠地のファンの大歓声を浴びた。根尾はフル出場し、そのほか打席は見逃し三振、投ゴロ、空振り三振だった。

無断転載禁止
489036 0 プロ野球 2019/03/14 16:12:00 2019/03/14 16:12:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
お食事処ご利用2,000円以上で5%割引
NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ