7点差逆転もDeNA敗れる、阪神3連勝…G連敗

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

1回1死1、2塁、石川(右)の打球がレフトゴロとなり、アウトになった1塁走者・岡本
1回1死1、2塁、石川(右)の打球がレフトゴロとなり、アウトになった1塁走者・岡本
7回2死1、3塁、外野フライに倒れた坂本勇(捕手・加藤)=稲垣政則撮影
7回2死1、3塁、外野フライに倒れた坂本勇(捕手・加藤)=稲垣政則撮影

 中日3―1巨人(セ・リーグ=30日)――中日が3連敗を免れた。1点を追う二回、福田の3ランで逆転し、継投で逃げ切った。先発の大野雄が7回1失点で、今季2勝目。巨人は打線が振るわず、2連敗。

          ◇

 ヤクルト9―8DeNA(セ・リーグ=30日)――ヤクルトが乱打戦を制した。六回にバレンティンのソロで追いつくと、延長十回、荒木の二塁打で勝ち越した。一度は7点差を逆転したDeNAだったが、及ばず。

           ◇

 阪神8―3広島(セ・リーグ=30日)――阪神が3連勝。二回に糸原、四回に近本光司(大阪ガス)が適時打を放ち、七回に福留の2点二塁打などで突き放した。広島はバティスタが3ランを放つも3連敗。

無断転載・複製を禁じます
562616 0 プロ野球 2019/04/30 22:35:00 2019/04/30 22:35:00 1回1死1、2塁、石川(右)の打球がレフトゴロとなり、アウトになりぼう然とする1塁走者・岡本(30日、東京ドームで)=園田寛志郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190430-OYT1I50076-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ