巨人、阪神に敗れ4連敗…広島は2位タイに浮上

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 阪神13-8巨人(セ・リーグ=15日)――阪神が両チーム計31安打の打撃戦を制して2連勝。一回に糸井が先制2ラン、六回は大山が2ランを放つなど5発が飛び出した。巨人は菅野が10失点と崩れ4連敗。

     ◇

 広島9-7ヤクルト(セ・リーグ=15日)――広島は九回、鈴木の適時打、磯村の2点打、押し出し四球で追い付き、十回、鈴木がサヨナラ2ラン。4連勝で2位タイに浮上。ヤクルトは救援陣が大きな誤算。

     ◇

 DeNA8-2中日(セ・リーグ=15日)――一発攻勢でDeNAが快勝した。四回にロペスの2ランで逆転すると、六回には伊藤光の満塁本塁打、宮崎のソロでリードを広げた。中日は大野雄が誤算だった。

585060 0 プロ野球 2019/05/15 22:47:00 2019/05/15 22:47:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ