広島・西川が初回に技あり今季1号先制3ラン

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 広島4―0阪神(セ・リーグ=18日)――広島の西川が一回に3ラン。4番・鈴木が四球で歩いた直後で「積極的に打ちにいこうと思っていた」と初球に反応した。高め速球に対し、「うまく(バットを)かぶせて打つことができた」。技ありの今季1号アーチで前夜に続いて5番打者が、先制点をもたらした。

無断転載禁止
589564 0 プロ野球 2019/05/18 17:19:00 2019/05/18 17:19:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ