Gが3カードぶり勝ち越し…ベイ上茶谷、初白星

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

2回無死2塁、ゲレーロが先制の2ランを放つ(捕手・加藤)(18日)=中根新太郎撮影
2回無死2塁、ゲレーロが先制の2ランを放つ(捕手・加藤)(18日)=中根新太郎撮影

 巨人5-1中日(セ・リーグ=18日)――巨人が2連勝で3カードぶりの勝ち越し。二回、ゲレーロの2ランで先制。三回に丸、岡本の適時打などで3点を加えた。中日は柳が序盤に崩れたのが痛かった。

         ◇

 広島4-0阪神(セ・リーグ=18日)――広島が6連勝。一回に西川の3ランで先制し、六回にはバティスタのソロで突き放した。6回無失点のジョンソンが3勝目。阪神は好機で決定打が出なかった。

         ◇

 DeNA11-6ヤクルト(セ・リーグ=18日)――DeNAがソトの4打点の活躍などで11点を挙げ、打ち勝った。上茶谷大河(東洋大)は六回途中まで3失点でプロ初勝利。ヤクルトは今季初の4連敗となった。

無断転載禁止
590000 0 プロ野球 2019/05/18 21:50:00 2019/05/18 21:50:00 「中日―巨人」2回無死2塁、ゲレーロが先制2点本塁打を放つ(捕手・加藤匠)(5月18日、ナゴヤドームで)=中根新太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190518-OYT1I50079-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ