広島11連勝、巨人は引き分け挟み5連敗

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

4回1死1、3塁、ジョンソン(左)に適時打を打たれ、打球を見つめるメルセデス(25日)=吉川綾美撮影
4回1死1、3塁、ジョンソン(左)に適時打を打たれ、打球を見つめるメルセデス(25日)=吉川綾美撮影

 広島7―5巨人(セ・リーグ=25日)――広島がバティスタの2試合連続本塁打など先発全員の14安打で、2016年6月以来の11連勝。ジョンソンは3連勝。巨人は広島戦で引き分けを挟んで5連敗となった。

     ◇

 中日10―3ヤクルト(セ・リーグ=25日)――中日が4位に浮上した。四回に堂上のソロで勝ち越し、その後も得点を重ねた。柳は4勝目。ヤクルトはソロ3本を放ったが、救援陣が崩れ、10連敗となった。

     ◇

 DeNA6―5阪神(セ・リーグ=25日)――DeNAが追い上げをかわし、阪神戦の連敗を7で止めた。上茶谷大河(東洋大)が2勝目。阪神は九回、糸井の3ランなどで1点差としたが連勝が4で止まった。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
602999 0 プロ野球 2019/05/25 22:19:00 2019/05/25 22:19:00 4回1死1、3塁、ジョンソン(左)に適時打を打たれ、打球を振り返るメルセデス(25日、東京ドームで)=吉川綾美撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/05/20190525-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)