西武・山川2打席連発、トラ延長戦制す…交流戦

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 巨人2―1楽天(交流戦=6日)――巨人が接戦を制した。二回に若林の適時打で先制。同点の六回に岡本のソロで勝ち越し、継投で逃げ切った。今季初先発の桜井が2勝目。楽天は好機に1本が出ず。

     ◇

 ソフトバンク6―4中日(交流戦=6日)――ソフトバンクが3連勝で首位タイに浮上。同点で迎えた八回、グラシアルの2点適時打で勝ち越した。先発の大竹は今季3勝目。中日は救援陣が粘れず5連敗。

     ◇

 日本ハム3―1ヤクルト(交流戦=6日)――日本ハムが接戦を制した。一回に王柏融の適時打で先行し、その後は清宮と大田の適時打で加点。継投で逃げ切った。ヤクルトは五回以降、好機を生かせなかった。

     ◇

 オリックス3―2DeNA(交流戦=6日)――オリックスが継投でDeNAの追い上げをかわした。同点の四回、福田の二塁打で勝ち越し、敵失で3点目を加えた。DeNAは筒香のソロで1点差としたが及ばず。

     ◇

 阪神4―3ロッテ(交流戦=6日)――阪神が接戦を制した。1点リードの九回二死走者なしからドリスが追いつかれたが、延長十回に糸井が勝ち越し打を放った。ロッテは抑えの益田が踏ん張れず。

     ◇

 西武9―2広島(交流戦=6日)――西武が先発野手全員の14安打で快勝。秋山の先頭打者弾、山川の2打席連発など今季最多5本塁打。今季初登板の郭俊麟が初白星。広島は山口が試合を作れなかった。

無断転載・複製を禁じます
624867 0 プロ野球 2019/06/06 22:47:00 2019/06/06 22:47:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ