ヤクルト村上、変化球捉え16号…オリ下す

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ヤクルト9―4オリックス(交流戦=9日)――ヤクルトの村上が16号2ランを放った。同点の六回、無死一塁で打席に入ると、オリックス・小林の変化球を捉えた。大飛球が右翼席へ飛び込むのを見届けながら走り出し、ベンチ前でチームメートとタッチを交わした。「追い込まれていたので、何とかしたい気持ちのみだった」と振り返った。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
628730 0 プロ野球 2019/06/09 16:38:00 2019/06/09 16:38:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)