日ハムの吉田輝星投手、プロ初登板で初勝利

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

1軍で初登板する吉田輝星投手(12日)=川口正峰撮影
1軍で初登板する吉田輝星投手(12日)=川口正峰撮影
プロ初登板で勝利し、栗山監督と握手する吉田輝星投手(左)(12日、札幌ドームで)=川口正峰撮影
プロ初登板で勝利し、栗山監督と握手する吉田輝星投手(左)(12日、札幌ドームで)=川口正峰撮影

 秋田・金足農高のエースとして昨年夏の甲子園を沸かせたプロ野球・北海道日本ハムファイターズのドラフト1位ルーキー、吉田輝星こうせい投手(18)が12日、札幌ドームで行われた日本生命セ・パ交流戦の広島東洋カープ戦で初先発し、プロ初登板初勝利を挙げた。

 初回に一死満塁のピンチを切り抜けると、三回には相手中軸を三者凡退に抑えるなど5回4安打1失点と力投した。吉田投手は初めてのお立ち台で、「すごく応援の声が聞こえてきた。勝ったことにすごい喜びを感じた」と笑顔を見せた。

 高卒新人の初登板初勝利は、2015年10月の安楽智大投手(楽天)以来。

無断転載禁止
634228 0 プロ野球 2019/06/12 21:39:00 2019/06/12 21:46:18 日本ハム―広島 2回、プロ1軍初登板する吉田輝(12日、札幌ドームで)=川口正峰撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190612-OYT1I50066-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ