ロッテが逆転サヨナラ、広島は4連敗を免れる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

力投する先発の菅野(16日)=川口正峰撮影
力投する先発の菅野(16日)=川口正峰撮影

 巨人7―3日本ハム(交流戦=16日)――巨人が交流戦4カード連続の勝ち越し。二回に坂本勇の2点適時打などで5点を奪い、逆転した。菅野は7回3失点。日本ハムは二回以降、打線が振るわなかった。

 広島4―2楽天(交流戦=16日)――広島が競り勝ち、4連敗を免れた。六回にバティスタの二塁打で追い付き、七回に西川が勝ち越し打を放った。ジョンソンは6回2失点。楽天は打線が振るわず。

 ロッテ8―7中日(交流戦=16日)――ロッテが逆転サヨナラ勝ち。5点を追う九回、打者一巡の猛攻で反撃し、鈴木の2点打で試合を決めた。中日は小刻みな得点でリードを広げたが、救援陣が崩れた。

 西武10―6ヤクルト(交流戦=16日)――西武は四回に森の適時二塁打で勝ち越し。その後も秋山の3ランなどで得点を重ねた。新人の松本航(日体大)が2勝目。ヤクルトは高橋が崩れ、守備も乱れた。

 オリックス5―5阪神(交流戦=16日)―― 阪神は九回、代打・福留の2点二塁打で追いついた。その後、両チームの救援陣が踏ん張り、延長十二回で引き分けた。オリックスは5点のリードを守れなかった。

 ソフトバンク2―2DeNA(交流戦=16日)―― 延長十二回引き分け。ソフトバンクは八回、甲斐のソロで同点としたが、その後は好機を逸した。DeNAは打線のつながりを欠き、投手陣を援護できなかった。

無断転載・複製を禁じます
641335 0 プロ野球 2019/06/16 22:47:00 2019/06/16 22:47:00 日本ハム―巨人 巨人先発の菅野(16日、札幌ドームで)=川口正峰撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/06/20190616-OYT1I50070-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ