阪神が連敗6で止める…中日・柳がトップ8勝目

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ソフトバンク8―3巨人(交流戦=21日)――ソフトバンクが逆転勝ち。2点を追う六回、甲斐のバント安打などで追いついた後、福田が代打満塁本塁打を放った。千賀は7勝目。巨人は投手陣がリードを守れず。

      ◇

 阪神5―3西武(交流戦=21日)――阪神が連敗を6で止めた。七回に押し出し死球で勝ち越し、継投で逃げ切った。2番手の岩崎が今季初勝利。西武は救援陣が踏ん張れず5連勝はならなかった。

      ◇

 DeNA3―2楽天(交流戦=21日)――DeNAがサヨナラ勝ちで、交流戦勝ち越しを決めた。九回に大和の右越え二塁打で決着。エスコバーが3勝目を挙げた。楽天は継投したブセニッツが踏ん張れず。

      ◇

 ロッテ12―3ヤクルト(交流戦=21日)――ロッテがいずれも今季最多タイの16安打12得点。荻野が初回先頭打者本塁打を放ち、五回に打者11人で7点を奪った。ヤクルトは13カード連続で初戦を落とした。

      ◇

 中日4―2日本ハム(交流戦=21日)――中日が連敗を3で止めた。一回に高橋の3ランで先制。柳が7回1失点でリーグトップの8勝目を挙げた。日本ハムは有原が本塁打2発を浴び、主導権を奪えず。

      ◇

 オリックス5―4広島(交流戦=21日)――オリックスは1点を追う九回、吉田正の2ランで逆転し、その裏をディクソンが締めた。3番手のエップラーが3勝目。広島は、抑えのフランスアが誤算だった。

無断転載禁止
651093 0 プロ野球 2019/06/21 22:31:00 2019/06/21 22:31:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ