巨人とハムが2対2トレード…吉川光は古巣復帰

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 巨人の吉川光夫投手(31)、宇佐見真吾捕手(26)と日本ハムの鍵谷陽平投手(28)、藤岡貴裕投手(29)の2対2の交換トレードが26日に成立し、両球団から発表された。

 救援の強化を図りたい巨人と、先発不足解消などを目指す日本ハムの補強ポイントが合致した。原監督は「両軍にとっていい形になるといい。しっかり手助けしながら、いいものが出せるようにしたい」と話した。

 2016年オフにトレードで日本ハムから移籍した左腕の吉川光は、今季救援で期待されながら9試合で防御率9・95と振るわず、「あまり力になることができなくて申し訳ないというのが一番の気持ち」とコメント。日本ハムには3季ぶりの復帰となる。打力が持ち味の宇佐見は「必要とされて日本ハムに行くのだと心に置いて新天地で結果を出したい」と談話を残した。

 今季を含めて7シーズンで253試合に登板している右腕の鍵谷は「チームの力になれず悔しい思いもあるが、この経験を生かして頑張っていきたい」とし、ドラフト1位で12年にロッテ入りし、3球団目となる左腕の藤岡は「新天地では力になれるように頑張っていく」とコメントした。

無断転載禁止
658610 0 プロ野球 2019/06/26 18:45:00 2019/06/26 18:45:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ