桜井好投も決定打出ず、G4連敗…広島に3タテ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 広島2―1巨人(セ・リーグ=21日)――広島は延長十回一死満塁で鈴木の右前打でサヨナラ勝ちし、同一カード3連勝。今村が2勝目。巨人は桜井が好投したが、打線に決定打が出ず、4連敗となった。

          ◇

 DeNA5―4中日(セ・リーグ=21日)――DeNAが3連勝で、4月17日以来の勝ち越し1とした。二回にロペスの満塁本塁打などで5点を奪い、1点差で逃げ切った。中日は終盤の猛追も一歩届かず。

          ◇

 阪神5―2ヤクルト(セ・リーグ=21日)――阪神が逆転勝ち。1点を追う五回、近本が3ランを放ち、八回にも加点した。西は約2か月ぶりの白星で4勝目を挙げた。ヤクルトは4安打と打線が精彩を欠いた。

無断転載禁止
701618 0 プロ野球 2019/07/21 22:08:00 2019/07/21 22:08:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ