読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

DeNA7連勝、広島は8連勝…G拙攻18残塁

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

11回2死3塁、大山(奥)に勝ち越しタイムリーを打たれた田口(27日)=宮崎真撮影
11回2死3塁、大山(奥)に勝ち越しタイムリーを打たれた田口(27日)=宮崎真撮影

 阪神3―2巨人(セ・リーグ=27日)――阪神は延長戦を制し、2連勝。七回、マルテのソロで追いつき、十一回、大山が決勝の適時打を放った。飯田が3年ぶりの白星。巨人は18残塁の拙攻が響き、4連敗。

     ◇

 広島3―2ヤクルト(セ・リーグ=27日)――広島が8連勝。一回に西川の先頭打者本塁打と鈴木のソロで先行。六回にはバティスタが勝ち越しソロを放った。床田が6勝目。ヤクルトは打線が振るわなかった。

     ◇

 DeNA12―3中日(セ・リーグ=27日)――DeNAが先発全員安打で今季初の7連勝。一回、筒香の適時二塁打など打者一巡の猛攻で8点を先取した。中日は松坂が一回途中でKOされ、4年ぶりの8連敗。

無断転載・複製を禁じます
712013 0 プロ野球 2019/07/27 22:36:00 2019/07/27 22:36:00 巨人-阪神 11回表2死1塁で田口(手前)が大山に勝ち越しの中前打を打たれる(7月27日、東京ドームで)=宮崎真撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190727-OYT1I50064-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)