原監督が通算1000勝…巨人だけでは3人目

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

監督通算1000勝を達成し歓声に応える原監督(30日、東京ドームで)=稲垣政則撮影
監督通算1000勝を達成し歓声に応える原監督(30日、東京ドームで)=稲垣政則撮影
監督通算1000勝を達成し、記念のボードを掲げる原監督(30日、東京ドームで)=稲垣政則撮影
監督通算1000勝を達成し、記念のボードを掲げる原監督(30日、東京ドームで)=稲垣政則撮影
監督通算1000勝を達成し選手らとバンザイする原監督(中央)(30日、東京ドームで)=稲垣政則撮影
監督通算1000勝を達成し選手らとバンザイする原監督(中央)(30日、東京ドームで)=稲垣政則撮影

 プロ野球・読売巨人軍の原辰徳監督(61)は30日、東京ドームで行われた広島東洋カープ戦に8―5で勝利し、監督として通算1000勝(751敗57分け)に到達した。プロ野球史上13人目で現役監督では最多。巨人監督経験者としては7人目で、巨人だけで1000勝を挙げたのは川上哲治、長嶋茂雄(現終身名誉監督)に次いで3人目となる。

 原監督は長嶋監督の勇退を受け、2002年に就任。同年4月3日の中日ドラゴンズ戦で初勝利を挙げた。通算12年で2度の3連覇を含むリーグ優勝7度と3度の日本一を達成し、15年に退任。18年秋、高橋由伸監督からバトンを受け、3度目の監督に就任した。

 今季は若手を積極的に起用しながら主力選手と融合させ、30日時点で53勝39敗1分けで、セントラル・リーグ首位に立っている。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
716606 0 プロ野球 2019/07/30 21:31:00 2019/07/30 23:55:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190730-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)