読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

原監督「目的を言うなら、あしたの勝利しかない」…お立ち台

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

監督通算1000勝を達成し、選手らと記念写真に納まる原監督(前列中央)(30日、東京ドームで)=稲垣政則撮影
監督通算1000勝を達成し、選手らと記念写真に納まる原監督(前列中央)(30日、東京ドームで)=稲垣政則撮影
試合後、祝福を受け笑顔を見せる原監督(30日、東京ドームで)=稲垣政則撮影
試合後、祝福を受け笑顔を見せる原監督(30日、東京ドームで)=稲垣政則撮影
監督通算1000勝を達成し、インタビューに答える原監督(30日、東京ドームで)=稲垣政則撮影
監督通算1000勝を達成し、インタビューに答える原監督(30日、東京ドームで)=稲垣政則撮影

 プロ野球・読売巨人軍の原辰徳監督(61)が30日、監督として通算1000勝の大台に乗せた。過去12人しか達成していない高みに到達した名将に、本拠地・東京ドームに集まったファンから温かい拍手が送られた。

 28日の勝利で通算999勝としていた原監督は、休養日を挟んだ次の試合で早速、節目の白星を手にした。試合後はコーチ陣や選手らとともに一塁側ベンチ前に整列し、帽子を掲げてスタンドからの声援に応えた。

 通常のヒーローインタビューに代わってお立ち台に上がった原監督は、「2002年に就任して、3連敗からスタートした。1勝目は非常に強く覚えている」と就任1年目を回想。「その後は、朝になれば『今日、どう勝つか』、夜になれば『あした、どうやって勝つか』。その積み重ねでこの数字に来た」と振り返った。

 次に目指す数字は、長嶋茂雄終身名誉監督の通算1034勝となるが、「私が目的をここで言うならば、あしたの勝利。それしかない」と力を込めた。

 長嶋茂雄・巨人軍終身名誉監督の話「通算1000勝おめでとう。私が彼に託したかったことは、常に勝たなくてはならない。そして、勝ちながらファンの皆さまに喜んでもらうこと。見事にそれを具現化してくれたと思います。これからも繁栄の礎を築いていってほしいと思います」

 王貞治・ソフトバンク球団会長の話「巨人の監督で1000勝は価値がある。監督は3回目となるが、彼がそれだけ必要とされているということ。1回目、2回目の経験を生かし、見事に大役を務めてチームにいい戦い方をさせている。今のまま自分の信念に基づいて突き進んでほしい」

無断転載・複製を禁じます
716989 0 プロ野球 2019/07/30 23:43:00 2019/07/30 23:43:00 監督通算1000勝を達成し、選手らと記念写真に納まる原監督(前列中央)(30日、東京ドームで)=稲垣政則撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190730-OYT1I50066-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)