西武、投手戦制し3連勝…日ハム連敗2で止める

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 西武2-0ソフトバンク(パ・リーグ=31日)――西武が投手戦を制して3連勝。八回に山川の適時二塁打、森の適時打で2点先取し、継投でソフトバンク打線を零封した。ソフトバンクは打線が振るわなかった。

         ◇

 日本ハム4-3楽天(パ・リーグ=31日)――日本ハムが逆転勝ちで連敗を2で止めた。七回、石井、宇佐見の連続適時打で追いつき、代打・谷口が決勝打。楽天は則本昂が粘投したが、リードを守れなかった。

         ◇

 オリックス8-4ロッテ(パ・リーグ=31日)――オリックスが快勝。一回に吉田正の2ランで先制すると、二回には松井雅が適時打を放ち、その後も好機で着実に加点した。ロッテは涌井が4回6失点と崩れた。

無断転載・複製を禁じます
718765 0 プロ野球 2019/07/31 22:35:00 2019/07/31 22:35:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ