死球めぐり暴力、オリックス佐竹コーチ退場…審判が警告試合宣告

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 13日の西武―オリックス戦の四回、西武の森脇がオリックスの若月に死球を与え、両チームの選手らがもみ合いとなった。暴力を振るったとしてオリックスの佐竹外野守備・走塁コーチが退場となり、審判は警告試合を宣告した。その裏にオリックスの田嶋、九回には西武の平良が死球を与え、いずれも規定により退場となった。

無断転載禁止
738723 0 プロ野球 2019/08/13 20:56:00 2019/08/13 21:55:47

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ