大瀬良3年連続2ケタ、G桜井7勝…ヤクルト連勝ストップ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 巨人2-1阪神(セ・リーグ=16日)――巨人が1点リードを守り切り、60勝に到達した。一回に先制されたが、四回に岡本の2ランで逆転した。先発の桜井が7勝目。阪神は再三の好機を生かせなかった。

     ◇

 広島4-2DeNA(セ・リーグ=16日)――広島が7月5日以来の2位浮上。五回に西川が勝ち越し適時打を放った。大瀬良が3年連続2桁勝利となる10勝目。DeNAは打線が5安打に封じられ、5連敗。

     ◇

 中日4-2ヤクルト(セ・リーグ=16日)――中日が競り勝った。初回に大島と堂上の2ラン2本で4点を先行し、6投手がつないで逃げ切った。ヤクルトは終盤の好機に決定打が出ず、連勝は3で止まった。

無断転載禁止
746203 0 プロ野球 2019/08/16 22:42:00 2019/08/16 22:42:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ