巨人の山口、七回途中で降板…DeNAに敗れる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 DeNA3―0巨人(セ・リーグ=25日)――巨人の先発・山口が七回途中2失点で降板した。三回に甘くなった速球を狙われ、乙坂おとさかに先制適時打を打たれた。その後は持ち直したが、七回に再び乙坂に適時三塁打を浴びてマウンドを降りた。回の途中での降板が続いていただけに、「イニングは最後まで全うしたい。何が何でも勝ちにいく」と意気込んでいたが、白星を手にすることはできなかった。

無断転載禁止
761588 0 プロ野球 2019/08/25 17:19:00 2019/08/25 17:19:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ