阪神・鳥谷と会談した球団本部長「出処進退は本人が決める話」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 阪神の谷本修球団本部長は30日、今季で5年契約が終了する38歳の鳥谷と来季について話し合ったことを明らかにした。球団側は来季の方針などを示したといい、谷本球団本部長は「自分で出処進退を判断できる数少ない選手。本人が決める話」と述べた。鳥谷は30日の試合前、報道陣に対し、「球団がどう考えているかを聞いた。自分がどうするかは、まだ考えていない」と話すにとどめた。今季の鳥谷は代打での出場がほとんどで、打率は2割台前半に低迷している。

無断転載・複製を禁じます
771576 0 プロ野球 2019/08/30 21:56:00 2019/08/30 21:56:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ