阪神・鳥谷に球団から「引退してくれないか」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 阪神の鳥谷たかし内野手(38)が31日、球団から引退勧告を受けたことを明らかにした。鳥谷は「このまま引退するか、他球団で現役を続けるか、色々考えて決めたい」と話した。

今季限りで阪神を退団する意向を表明した鳥谷(31日)=稲垣政則撮影
今季限りで阪神を退団する意向を表明した鳥谷(31日)=稲垣政則撮影

 鳥谷によると、球団社長らと8月29日に会談し、「引退してくれないか」と言われたという。来季に関する話はなかったといい、鳥谷は「事実上、戦力構想外という感じだと思う。タイガースのユニホームを着るのは、今シーズンが最後になる」と説明した。

 東京都出身の鳥谷は埼玉・聖望学園高から早稲田大を経て、2004年にドラフト自由枠で阪神に入団。1年目から試合に出場し、04年9月~18年5月にプロ野球歴代2位となる1939試合連続出場を記録した。17年には通算2000安打も達成している。

試合終了後、ファンにあいさつする鳥谷(31日)=原田拓未撮影
試合終了後、ファンにあいさつする鳥谷(31日)=原田拓未撮影

 今季は入団16年目で初めて開幕スタメン入りを逃し、代打で起用されることが多く、先発出場は8試合にとどまる。31日現在、56試合に出場し、打率2割8厘、本塁打と打点はない。

無断転載禁止
772430 0 プロ野球 2019/08/31 21:29:00 2019/09/01 00:48:08 今季限りで阪神を退団する意向を表明した鳥谷(31日、甲子園球場で)=稲垣政則撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190831-OYT1I50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ