楽天、台湾球団「ラミゴモンキーズ」を買収

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 楽天球団の親会社である楽天は19日、台湾プロ野球の「ラミゴモンキーズ」を買収すると発表した。ラミゴの親会社の靴メーカー「ラニュー」と、球団運営会社の全株式の譲渡に向けて合意し、2020年シーズンから台湾リーグ(CPBL)に参入する見通しだ。

 ラミゴは、日本ハムの王柏融が昨季まで所属していた人気球団。楽天は台湾球界に参入することで、台湾での自社ブランドの価値を高め、インターネット事業などの利用者の拡大を目指していく。新球団名などは後日発表される予定。

 日本のプロ野球には、公正な試合を確保する観点から、複数の球団を保有することを禁止する野球協約の規定があるが、海外の球団を保有する点について、日本野球機構(NPB)は協約上の問題はないとの見解を示している。

無断転載・複製を禁じます
804561 0 プロ野球 2019/09/20 05:00:00 2019/09/20 07:28:41

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ