阪神が逆転、巨人は敗れ通算3勝1敗…第4戦両リーグとも13日

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

9回無死、大山(右)に勝ち越しのソロ本塁打を打たれた中川(11日)=菅野靖撮影
9回無死、大山(右)に勝ち越しのソロ本塁打を打たれた中川(11日)=菅野靖撮影

 プロ野球のセ・パ両リーグのクライマックスシリーズ(CS)は11日、ファイナルステージの第3戦が行われた。セはレギュラーシーズン3位の阪神がリーグ優勝の巨人に7―6で初勝利を挙げ、通算1勝3敗(巨人のアドバンテージの1勝を含む)とした。パは2位のソフトバンクがリーグ王者の西武を7―0で破って3連勝を飾り、通算3勝1敗として3年連続の日本シリーズ進出に王手をかけた。第4戦は両リーグとも13日に行われる。

阪神7―6巨人

 阪神がシーソーゲームを制した。3点を追う五回、近本の満塁走者一掃の三塁打などで5点を奪って逆転に成功。直後に同点とされたが、九回、大山のソロ本塁打で勝ち越した。巨人は2番手の桜井の制球難が響き、救援陣も踏ん張れなかった。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
841616 0 プロ野球 2019/10/11 22:42:00 2019/10/11 23:07:08 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191011-OYT1I50081-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)