沢村賞、19年ぶり該当者なし…堀内委員長「どうしても成績が足りない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

沢村賞の選考会を終え、記者会見に臨む選考委員(右端は堀内恒夫氏)(21日、東京都港区で)=青山謙太郎撮影
沢村賞の選考会を終え、記者会見に臨む選考委員(右端は堀内恒夫氏)(21日、東京都港区で)=青山謙太郎撮影

 シーズンで最も優れた先発完投型の投手に贈られる沢村賞(読売新聞社制定)の選考委員会が21日開かれ、今季の沢村賞は「該当者なし」に決まった。該当者なしは2000年以来19年ぶりで、5度目。

 候補には巨人の山口俊投手(32)、日本ハムの有原航平投手(27)らの名前が挙がったが、選考基準の完投10以上、投球回200以上などを満たしておらず、「どうしても(成績が)足りない」(堀内恒夫選考委員長)として該当者なしになった。

無断転載禁止
856556 0 プロ野球 2019/10/21 17:00:00 2019/10/21 17:27:19 沢村賞の選考会を終え、記者会見に臨む選考委員(右端は堀内恒夫氏)(21日、東京都港区で)=青山謙太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191021-OYT1I50076-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ