侍ジャパン初黒星、米国に惜敗…連覇狙う韓国も台湾に敗れる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

7回1死、アデル(左)に本塁打を許した大野雄(12日)=稲垣政則撮影
7回1死、アデル(左)に本塁打を許した大野雄(12日)=稲垣政則撮影

 野球の東京五輪予選を兼ねる国際大会「プレミア12」(読売新聞社協賛)は12日、東京ドームなどで2次ラウンドの3試合が行われ、1次ラウンドB組1位の日本代表「侍ジャパン」は3―4で米国(A組2位)に惜敗して今大会初黒星を喫し、2勝1敗(1次ラウンドからの持ち越しの1勝を含む)となった。メキシコ(A組1位)は3―0で豪州(C組2位)を退けて3勝とし、単独首位。台湾(B組2位)は大会連覇を狙う韓国(C組1位)を7―0で破り、2次ラウンド初勝利を挙げた。13日にメキシコと対戦する日本の予告先発は今永(DeNA)と発表された。

無断転載禁止
895881 0 プロ野球 2019/11/12 22:45:00 2019/11/13 00:24:54 7回1死、アデル(左)に本塁打を許した大野雄(12日、東京ドームで)=稲垣政則撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191112-OYT1I50084-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ