ベストナイン、巨人から山口・坂本勇・丸…西武は最多5人

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

山口
山口
坂本勇
坂本勇
丸

 プロ野球のセ、パ両リーグのベストナインが25日、発表された。プロ野球担当記者(有効投票数セ=297、パ=253)の投票で選ばれた。26日の「NPBアワーズ」で表彰される。パ・リーグで連覇を果たした西武から最多の5人が選ばれた。

 5年ぶりにセ・リーグを制した巨人からは3人が選ばれ、最多勝や勝率1位、最多奪三振のタイトルを獲得した山口が14年目で初選出。リーグ最多の294票を集めた坂本勇は2年連続5度目、丸は4年連続5度目の受賞となった。

 個人での最多受賞は、三塁手で4年ぶりに選ばれた西武・中村の6度で、2014年の指名打者での受賞を含めると、通算7度目。ソフトバンクの千賀は支配下になって8年目で初めて選ばれ、育成出身選手としては2017年のソフトバンク・甲斐に続き、2例目となった。阪神と日本ハムからの選出はなかった。

「サカマル」そろって選出

      

 5年ぶりにリーグ制覇した巨人の上位打線を支えた「サカマルコンビ」がそろって選出された。いずれも自己最多の40本塁打、94打点をマークした坂本勇は2年連続5度目の受賞を「素直にうれしい。この賞を励みに、来年もチームのセ・リーグ連覇、日本一に貢献できるように頑張りたい」と喜んだ。広島から移籍して1年目も変わらぬ強打で打線をけん引した丸は4年連続5度目の選出。「来年も獲得できるよう日々精進していきたい」とコメントした。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
917017 0 プロ野球 2019/11/25 17:13:00 2019/11/25 19:24:47 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191125-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)