奥川投手、目標はヤンキース田中…「投手としての全てもっている」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ヤクルトの新人入団発表が3日、東京都内で行われ、ドラフト1位の奥川恭伸やすのぶ投手(18)(石川・星稜高)ら6選手がファンにサイン会を開くなどプロとしてのスタートを切った。

 高津監督から背番号11のユニホームを受け取った奥川は「プロ野球選手になった実感が徐々にわいてきた」。目標とする選手には米大リーグ・ヤンキースの田中を挙げ、「投手としての全てをもっている。自分もそうなりたい」と語り、1年目の目標として「一軍で投げて勝つ」ことを掲げた。

 キャンプの一軍参加について、高津監督は「まだ、何とも言えない」と話すにとどめた。

無断転載禁止
931382 0 プロ野球 2019/12/03 17:28:00 2019/12/03 17:28:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ