金田正一さんお別れの会、長嶋氏「同じ時代にプレーできて感謝」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

金田正一さんのお別れの会で献花する巨人の長嶋茂雄終身名誉監督(21日午前、東京都千代田区で)=関口寛人撮影
金田正一さんのお別れの会で献花する巨人の長嶋茂雄終身名誉監督(21日午前、東京都千代田区で)=関口寛人撮影
金田正一さんのお別れの会で弔辞を述べる巨人の原辰徳監督(21日午前、東京都千代田区で)=関口寛人撮影
金田正一さんのお別れの会で弔辞を述べる巨人の原辰徳監督(21日午前、東京都千代田区で)=関口寛人撮影
多くの人が参列した金田正一さんのお別れの会(21日午前、東京都千代田区で)=関口寛人撮影
多くの人が参列した金田正一さんのお別れの会(21日午前、東京都千代田区で)=関口寛人撮影

 国鉄(現東京ヤクルト)スワローズ、読売巨人軍の投手としてプロ野球歴代最多の400勝を挙げ、昨年10月に86歳で亡くなった金田正一さんを追悼する「お別れの会」が21日、東京都内のホテルで営まれ、約900人が故人をしのんだ。

 巨人の長嶋茂雄終身名誉監督やソフトバンクの王貞治球団会長ら球界関係者のほか、元都知事の石原慎太郎氏らが参列。長嶋終身名誉監督は、自身の「(初対決の4打席連続三振で)あの日、洗礼を浴びたことで私の野球人生がスタートしたと言っても過言ではありません。偉大な金田投手と同じ時代にプレーできたことは心から感謝しています」とのメッセージが司会者に読み上げられた後、入場し、ヤクルトなどの監督を務めた野村克也さんらと並んで献花した。

 巨人の原辰徳監督は弔辞で「私にとって父であり、師匠であり、憧れの先輩。たくさんの教えは後世に伝えていきます」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
1011681 0 プロ野球 2020/01/21 19:02:00 2020/01/21 21:21:15 金田正一さんのお別れの会で献花する巨人の長嶋茂雄終身名誉監督(21日午前11時37分、東京都千代田区で)=関口寛人撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200121-OYT1I50064-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ