中日・ロメロ先発、落ち着いた投球…試合は阪神の勝利

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 阪神6-2中日(オープン戦=22日)――中日のロメロが先発して、2回を2失点。二回に二死から内野安打を許した後、2ランは浴びたが、今季のテーマに勝負どころでの変化球の精度を挙げ、速球に頼らない落ち着いた投球が目立った。自慢の速球も150キロに迫り、「初登板にしては上出来じゃないかな。あとは少しずつ開幕に向けて調子を上げていく」と昨季8勝を挙げ、期待が大きい2年目の左腕が順調な仕上がりを見せた。

無断転載・複製を禁じます
1066716 0 プロ野球 2020/02/22 15:54:00 2020/02/22 15:58:53

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ