広島新人の森下、初先発は3回2失点…ヤクルト下す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 広島7-6ヤクルト(オープン戦=22日)――広島の新人、森下暢仁まさと(明大)がオープン戦初先発で3回2失点。立ち上がりに直球、変化球とも高めに浮き、ヤクルトの山田哲、雄平に長短打を浴びるなど2点を失ったが、二、三回は立て直し、無失点に抑えた。森下は「二回以降は内角にも投げ切ることができ、変化球も修正できた。今後は、それを最初からできるようにしたい」と収穫を口にした。

無断転載・複製を禁じます
1066738 0 プロ野球 2020/02/22 16:15:00 2020/02/22 16:15:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ