読売新聞オンライン

メニュー

プロ野球開幕延期「遅くとも4月中に」…「無観客では行わず」「全143試合実施」も確認

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

公式戦の開幕延期を発表するプロ野球の斉藤惇コミッショナー(手前)(9日午後、東京都港区で)=稲垣政則撮影
公式戦の開幕延期を発表するプロ野球の斉藤惇コミッショナー(手前)(9日午後、東京都港区で)=稲垣政則撮影

 プロ野球の12球団は9日、東京都内で代表者会議を開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今月20日に予定していたセントラル、パシフィック両リーグの開幕を延期することを決めた。斉藤惇コミッショナーは「遅くとも4月中には開幕できることを目指していく」と語った。サッカーJリーグも9日、公式戦の再開延期を決めた。

 この日、日本野球機構(NPB)とサッカーJリーグが設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の会合で、専門家チーム(座長=賀来(かく)満夫・東北医科薬科大特任教授)から「延期が望ましい」と助言されたことを踏まえて決めた。

 斉藤コミッショナーは「大変苦しい判断」とした上で、「選手はもとよりスタッフや家族を守り、そして何よりもファンの方を守りたい。同時にプロ野球の文化というものも守らなければならない。そのための決断」と話した。

 代表者会議ではまた、無観客では行わないことと、各球団がレギュラーシーズン全143試合を実施する方針を確認した。新しい日程などは、専門家チームから12日に提出される予定の最終的な意見書を受けて協議する。

 プロ野球の開幕延期は、東日本大震災の影響で3月25日から4月12日に変更された2011年以来。当時は各球団が全144試合を消化し、クライマックスシリーズ(CS)と日本シリーズも行われたが、今季は東京五輪によるシーズン休止期間があるためもともと過密日程になっている。

 一方、2月末から公式戦を中断し、3月18日に再開予定だったJリーグの村井満チェアマンは9日、「4月3日の再開を目指し、努力していく」と述べた。理事会などを開く12日に正式決定する。観戦客への検温など対策を整え、3月下旬、再開できるか判断する。

 

 

無断転載・複製を禁じます
1097633 0 プロ野球 2020/03/09 17:35:00 2020/03/10 12:29:03 公式戦開幕の延期を発表するプロ野球の斉藤惇コミッショナー(左はオリックスの湊通夫社長)(9日午後5時27分、東京都港区で)=稲垣政則撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200309-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)