捕手挑戦のオリ・頓宮、変化球捉え先制2点適時打

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 オリックス5―1中日(オープン戦=10日)――オリックスの頓宮が先制2点適時打を放った。二回一死二、三塁で中日・岡野祐一郎(東芝)の低めの変化球に食らいつき、左前に運んだ。新人だった昨季は内野手だったが、今季は大学時代まで守った捕手に挑戦している。正捕手の若月が8日の試合で故障し、巡ってきた先発出場の機会で早速結果を出した。

無断転載・複製を禁じます
1099972 0 プロ野球 2020/03/10 15:45:00 2020/03/10 16:01:52

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ