巨人、戸郷が四回途中10失点…タカに敗れる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ソフトバンク10―2巨人(オープン戦=10日)――先発ローテーション入りを狙う巨人・戸郷が、四回途中10失点と崩れた。

 初回は先頭から5連打を許し、一死も奪えないまま5点を失った。4番バレンティン、5番松田にはいずれも直球をとらえられ、2者連続アーチ。この日は直球が今ひとつで、「まっすぐがちょっとシュート回転で入ってしまった。次に生かしていきたい」と高卒2年目の右腕は反省を口にした。

無断転載・複製を禁じます
1100042 0 プロ野球 2020/03/10 16:09:00 2020/03/10 16:09:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ