阪神の感染選手と「グータッチ」「数分の会話」…中日2選手を自宅待機に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中日は29日、新型コロナウイルスに陽性反応を示した阪神の伊藤隼と会話した選手2人を自宅待機とすると発表した。

 球団によると、20~22日にナゴヤ球場で行われた中日―阪神の二軍の練習試合の際、中日の選手・スタッフ計15人がグラウンドで伊藤隼と会話やあいさつをした。このうち、数分の会話があった選手、複数回の会話や身体的な接触(グータッチ)があった2選手について、専門家の助言に基づいて4月5日まで自宅待機とした。12人の選手・スタッフは同日まで、他の選手・スタッフと時間をずらして練習・仕事をする。マスクをしていた1人は通常通りとする。

 これに伴い、4月3~5日に予定されていた広島との二軍の練習試合(ナゴヤ球場)は中止となった。

無断転載禁止
1135505 0 プロ野球 2020/03/29 18:45:00 2020/03/29 18:45:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
店内商品1,000円以上(税込)お買上げの方に、JERSEYオリジナルグッズをプレゼント。 ※先着50名様
参考画像
100円割引

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ