中日、二軍本拠地を消毒…感染の阪神選手が20~22日に試合

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ナゴヤ球場のベンチで消毒作業をする作業員ら(30日午前7時10分、名古屋市中川区で)
ナゴヤ球場のベンチで消毒作業をする作業員ら(30日午前7時10分、名古屋市中川区で)

 プロ野球・中日ドラゴンズは30日、新型コロナウイルスの検査で陽性と判定された阪神タイガース・伊藤隼太選手(30)が練習試合で訪れた二軍本拠地、ナゴヤ球場(名古屋市中川区)の消毒作業を行った。伊藤選手は20~22日の試合に参加していた。

コロナ新規感染者、21道県で最多更新…「お盆の帰省で人との接触機会増加」

 この日は午前7時から約1時間をかけて、防護服姿の清掃業者3人が関係者用の入り口やビジター球団用の一塁側ベンチなどを薬剤で拭き取った。感染の拡大が落ち着くまでは、試合、練習の当日朝と翌朝に消毒をするという。

 平田和夫・ナゴヤ球場球場長代理は「選手が安心して練習できる環境にしていきたい」と話した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
1136881 0 プロ野球 2020/03/30 10:57:00 2020/03/30 12:14:38 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200330-OYT1I50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)