中日、二軍本拠地を消毒…感染の阪神選手が20~22日に試合

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ナゴヤ球場のベンチで消毒作業をする作業員ら(30日午前7時10分、名古屋市中川区で)
ナゴヤ球場のベンチで消毒作業をする作業員ら(30日午前7時10分、名古屋市中川区で)

 プロ野球・中日ドラゴンズは30日、新型コロナウイルスの検査で陽性と判定された阪神タイガース・伊藤隼太選手(30)が練習試合で訪れた二軍本拠地、ナゴヤ球場(名古屋市中川区)の消毒作業を行った。伊藤選手は20~22日の試合に参加していた。

 この日は午前7時から約1時間をかけて、防護服姿の清掃業者3人が関係者用の入り口やビジター球団用の一塁側ベンチなどを薬剤で拭き取った。感染の拡大が落ち着くまでは、試合、練習の当日朝と翌朝に消毒をするという。

 平田和夫・ナゴヤ球場球場長代理は「選手が安心して練習できる環境にしていきたい」と話した。

無断転載禁止
1136881 0 プロ野球 2020/03/30 10:57:00 2020/03/30 12:14:38 ナゴヤ球場のベンチで新型コロナウイルスの消毒作業をする作業員ら(30日午前7時10分、名古屋市中川区で)=林陽一撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200330-OYT1I50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
10000円9000円
NEW
参考画像
クーポンご提示のお客様に粗品プレゼント
NEW
参考画像
4200円3780円
NEW
参考画像
1560円1300円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ