梨田昌孝氏が新型コロナ陽性、重い肺炎で集中治療室に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 プロ野球の近鉄(現オリックス)、日本ハム、楽天で監督を務めた野球解説者の梨田昌孝氏(66)が、新型コロナウイルスの検査で陽性と判定されたと所属事務所が1日、発表した。梨田氏は重い肺炎で、大阪府内の病院で集中治療室に入っているという。

 事務所によると、梨田氏は3月25日から倦怠けんたい感のため自宅で静養していたが、28日に発熱。30日に呼吸困難を訴えて医師の診察を受けた。31日に重度の肺炎と診断されて入院。PCR検査を受け、1日に感染が判明した。

無断転載禁止
1142509 0 プロ野球 2020/04/01 20:11:00 2020/04/02 01:28:10

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
店内商品1,000円以上(税込)お買上げの方に、JERSEYオリジナルグッズをプレゼント。 ※先着50名様
参考画像
100円割引

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ