原監督・菅野ら医療現場を支援、都に5千万円寄付…小池知事「厚くお礼を」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 読売巨人軍の原辰徳監督と阿部慎之助二軍監督、菅野智之、坂本勇人、丸佳浩の3選手が24日、新型コロナウイルス感染症の対応に尽力する東京都内の医療現場を支援するため、計5000万円を都に寄付した。

鞍馬の火祭 10月22日に開催…3年ぶり

 小池百合子都知事は同日の定例記者会見で寄付を受けたことを明らかにし、「温かいご支援に厚くお礼申し上げたい」と述べた。都によると、寄付金は医療機関で不足しているマスクなどの購入費に充てるという。巨人軍もこの日、都に医療用マスク「KN95」1万枚とサージカルマスク3万枚、除菌シート(60枚入り)3000パックを寄贈した。

感染対策の最前線で奮闘する東京都内の医療現場を支援するため、巨人の原監督らから寄付などがあったことを発表する小池都知事(24日午後、都庁で)=稲垣政則撮影
感染対策の最前線で奮闘する東京都内の医療現場を支援するため、巨人の原監督らから寄付などがあったことを発表する小池都知事(24日午後、都庁で)=稲垣政則撮影

 会見では、原監督らによる応援メッセージ動画も放映された。原監督は「医療従事者に感謝と敬意を込めて贈ります」、菅野選手も「少しでも力になっていきたい。みなさんもぜひ支援の輪に加わってください」などと呼びかけ、一斉に「頑張ろう東京」と訴えた。

 動画を紹介した小池知事は、開幕が延期されているプロ野球にも触れながら、都民らに「無観客試合ではなく、皆で楽しめる日を迎えるため、この2週間、(外出自粛などに)協力いただきたい」と語った。

 巨人軍によると、寄付は、報道で医療現場の苦境を知った菅野選手が中心となり、坂本、丸の両選手とともに「東京を拠点にする球団のメンバーとして、都内の医療機関や医療スタッフの方々をサポートしたい」と発案。原監督と阿部二軍監督も「感染の危険と隣り合わせで、身を粉にして働いている人たちがいる。日本の医療現場を守りたい」と賛同し、支援のためにそれぞれ1000万円を提供することが決まったという。

 原監督らは「広く一般の方々に対しても募金を呼びかけ、都内の医療現場を支援したい」とも希望していることから、読売新聞社と社会福祉法人「読売光と愛の事業団」は、「東京コロナ医療支援基金」を開設し、25日から寄付の受け付けを始める。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
1184813 0 プロ野球 2020/04/24 15:51:00 2020/04/25 01:59:28 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/04/20200424-OYT1I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)